エステサロンでの光を使用した脱毛方法について

エステの脱毛施術には色々なバリエーションがありますが、特に光を使った脱毛施術を受ける人が多いようです。毛根に、特殊な光をあてることで新しい毛が再生しないようにするというもので、痛みがあまりないという利点があります。ムダ毛を生成する毛母細胞には、メラニン色素があります。そこに光による熱を集めて、ムダ毛の再生機能を破壊します。ムダ毛を生成している細胞に、エステのIPL光を当てることで、新しい細胞をつくる機能を弱らせます。ムダ毛を除去した部分に新しい毛ができないように施術をすることが、光脱毛の考え方です。光を使う脱毛には、SSC脱毛という脱毛方法があります。IPL脱毛との違いは、ジェルを使うことです。まず肌にジェルを塗り、それから光を当てることで、ジェルの成分と、光の作用とが肌に影響を与え、脱毛効果を高めるというものです。エステの脱毛は様々な方法がありますが、大なり小なりの痛みを伴います。光脱毛の場合、パチッという一瞬の痛みを感じます。光脱毛は、痛みが比較的少ない脱毛施術です。痛みに対する苦手感は個人差があり、痛みに弱い人には光脱毛がお勧めです。ただし、一定の期間をおいて、何度か光脱毛をすることになります。毛根が新しい毛を作り出す期間は周期があり、新しいムダ毛をつくっている時でなければ、光脱毛の効果を得ることはできません。完全に光脱毛の効果を得るには、10回ほどの施術を受けなければなりませんので、1年越しの作業になることが多いようです。引っ越し 二人暮らし