見ているだけで楽しいカーリング

記憶に新しいピョンチャンオリンピックでの日本代表の活躍。
高校生くらいのときより、4年に一度オリンピックでのゲームを見るたびに、本当にカーリングという競技は面白いなと思っていたのですが、
今年のオリンピックを見て、完全にハマってしまいました。

テレビの放送があるときは(ほとんどないのですが)録画してでも見て、またYouTubeでのカーリングチャンネルで頻繁にゲームをチェックしています。
カーリングの何が面白いかというと、一緒に戦略を考えられることと数々のベストショット。
「氷上のチェス」と言われる通り、頭を使わなければ成立しない競技です。

観客も次はどの位置にストーンを置いたらいいのか、どういう動きをさせたらいいのかを一緒に考えることができるので、とても楽しめます。
けれどもストーンのスピードや動きは私たちには全く分かりません。
だからこそ選手たちが繰り出すスーパーショットに圧巻し、感動し、興奮してしまうのだと思います。